2013年度民美特別講座

宮下 泉 私の創作体験

―目指す方向は? 資本主義リアリズム―

日時:2013年12月22日(日)13時30分~15時30分 
会場:民美アトリエ(平和と労働センター・全労連会館9F)
【一般参加可・入場無料 終了後懇親会実施】pdf_1.gif

思い起こせば東京オリンピックの頃、高校時代にネオ・ダダ/ポップアートに出合い魅了され、毎週土曜日の午後学校帰りに京橋・銀座・新宿の画廊めぐり。あの頃から常に時代をどう表現するかを考え、自分の身のまわりにある物を描いてきました。東京郊外の丘を切り崩した造成地「若葉台」、団地のベランダにたなびく洗濯物「NEW TOWN」、500円以下のコンビニのお弁当「ランチ・タイム」、そこからスピンオフした米粒「ライス・ガーデン」、分別ゴミに集積した「カン・缶・かん」…。

大量生産/消費社会の風を具体的題材で表現し、挽歌を奏でられれば…と日々キャンバスに向かっています。目指す方向は―?―?―? 『資本主義リアリズム』

画像クリックで拡大
 
【宮下 泉 略歴】
1948  東京生れ
1967  都立駒場高等学校美術科卒業
1972  東京造形大学美術学科卒業
1989  日本アンデパンダン展出品(~95)
1990  東京展出品(~2010)
1996~ 個展(銀座・長谷川画廊)以後毎年開催
2004~ 多摩美術家協会展出品
2008~ 日本アンデパンダン展〈再出品〉
日本美術会会員・多摩美術家協会会員