2018年度民美公開講座②  7月案内

私の学びと表現 絵とは何か、自画像とは・・・

講師 佐藤 勤

日時:2018年11月20日(火)13:30〜16:30 

会場:平和と労働センター・民美アトリエ(9F

参加費/民美研究生 •日美会員は無料、一般の方は1080円となります
 今年度、民美では「私の学びと表現」というテーマで、民美の講師に「美術の勉強と表現のいろいろ」について 語ってもらうことにしています。今回は「絵」とはどのようなものでできていて、その色や形の造形性とリズム ・ハーモニーなどの組み立ては、どうかかわり合って感情を表わし、伝達されるものか・・・について 「私なりに学んできた」ことをお話しします。 さらに、具体的な作例として古今東西の「自画像」を取り上げて、どう描き表わされたのかを探り、11月12日からの本科での課題、「鏡を使った自画像、虚像と実像」の創作に役立つような内容にしてみたいと考えています。 「自画像」は皆さんが小学生の時、一度は描いたことがあると思います。その「自画像」のおもしろさや、自分を 映す鏡という物の不思議な関係についても、考えを深めてみたいと思っています。
CONTENTS
1、絵とはな~に?
2、その絵はどんなのでできているの?
3、造形の要素や秩序、組成を考えてみる
4、自分を見るって何?鏡に映った私は私?
5、自画像 ア・ラ・カルト
kouza 1.jpg
デューラー 1500年 
kouza 2.jpg
ゴッホ1889年
kouza 3.jpg
礒江 毅 2006年
≪佐藤勤略歴≫
1949年山形県生まれ‵83第1回個展‵86第2回個展 
1989春陽展出品 ‵91多摩秀作美術展大賞  ‵92TAMA大賞展優秀賞  ‵93安田火災美術財団奨励賞展 ‵94宇部ビエンナーレ展佳作賞  ‵95セントラル美術館大賞展 ‵97浅井忠記念賞展、安井賞展  ‵98長野冬季オリンピック企画 小さな絵画大きな輪展優秀賞 2008年ビエンナーレうしく展大賞 
春陽会々員 個展 36回