ninbi01.jpg

カリキュラム・行事

◆4月から夏休みをはさんで9月までが前期、10月から冬休みをはさんで翌3月までが後期です。
◆本科、午前2日、日本画コースは複式(1、2、3年生合同)クラスです。他コースでも複数年学ぶことができます。
◆本科の卒業制作は日本アンデバンダン展に陳列されます。
◆夏期、冬期体暇中には美術理論、油彩画、版画、デッサン彫塑などの公開講座や研究会が開かれます。
◆民美祭(作品発表)が10~12月の間に研究生によって催されます。
◆研究生(自治会)と研究所は随時、懇談会等を持ちます。
●入所式・特別講座             特別講座●     卒業式●
〈前期〉       (夏休み)   〈後期〉   (冬休み)    
4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
     
夏期講座
 
民美祭
     
クリックで拡大します。
ninbi ninbi ninbi ninbi ninbi
コース名をクリックするとカリキュラムが表示されます。

本科コース

週4日(月・火・水・木) 3年制 13:30~16:30

本科の授業日数は3年間で480日ほどあるのでモチーフの単純な形・組み合わせから複雑な関係へと進み、デッサンから油彩習作、初歩的な実技からより高度な造形へと、ステップを踏んで学びます。基礎的な技術の習得をくり返し追求しながら、絵で自分を表す自己表現に向けた道筋を、じっくり時間をかけて探しだすコースです。
絵の実技の他に美術史、版画や画材についての講座など、多彩で総合的な美術体験ができるカリキュラムになっています。3年目の後期からは、集大成の卒業制作に取り組み、自己表現となる作品を制作します 。
担任 : 佐藤 勤・美濃部民子・手島邦夫
講師 : 大野恵子・倉田るみ・西村幸生・星野文和・宮下泉
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
「油彩を描きたいな」と若い時に思ってからずっと暖めていたことが50年経ってやっと実現、本科に入学しました。 先生方はみな親切で、自らの作風を押しつけるのではなく、求めればとことん突っ込んでくれることや、受講生の先輩方が築いてくれた雰囲気が前向きで明るく、定例の月曜講 座も目からうろこ。これから先が楽しみです。(H.M)

午前2日(火・水)コース

週2日(火・水) 2年制 10:15~13:00

教える側の目標は、一人でも多くの方に独り立ちした創 作者として、巣立っていただくことです。現状は一年目の方 と二、三年目、六、七年から十年の方が一緒に学ぶという 複雑な構成のクラスですが、刺激し合っで個性的な作品も 生まれています。油彩画を中心に基礎的なデッサンから、 水性絵具、版画、彫塑も適時行います。週二日、二年間を基本としたカリキユラムに、ちょっと詰め込み過ぎのようですが、表現の内容と合わせて扱う材料の表現力にも注目 して個性を磨き発見していって欲しいと思います。
担任 : 星野文和・若山保夫
講師 : 佐藤勤・古澤潤・倉田るみ・美濃部民子 ・大島美枝子・大野恵子・宮本秀信
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
民美に入って1年。さして美術経験のない自分でも楽しく続けられたのは、講師の温かい指導と、共に学びあう自由な雰囲気のおかげです。制作時のちょっとした会話、助言に励まされています。絵を描き始めてものをより深く見ることができるようになったと感じます。この先、自分がどのように変わっていけるか、楽しみです。(M.S)

午前2日(木・金) コース

週2日(木・金) 2年制 10:15~13:00

週2日、カリキュラムは、デッサン、油彩、彫塑、版画等、2年制を目途に、美術の基礎力を培う事を目的としています。このアトリエに集う方々が、それぞれの個性を生かした作品を生み出せる様、講師はその手助けをしたいと考えています。木曜日、金曜日の午前中、日常のアレコレから少し離れ、カンヴァスに向う時間、きっと、新しい自分との出逢いがある事でしょう。イメージを膨らませ、それを作品に込めて、表現の翼を広げましょう。
担任 : 伊藤八枝・西村 幸生
講師 : 渡邊皓司・三田久美子・倉田るみ
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
初日のヌードデッサンは、手が震え、鉛筆が持てませんでした。下手ながら描いていますと、顔小さい、足が小さい、モデルをよく見て描きなさいと言われ続けました。デッサンの続きは、これも初めての油絵で丸筆の持ち方、色の作り方から、先生、仲間に教えてもらいました。初めての油絵は下手なデッサンと違い、なかなか筋がいいと褒められ、舞い上がり、俺は民美のゴッホ?になれるかも? …楽しい仲間に恵まれ、民美絵画が人生の楽しみの一つになりました。(T.S)

人体Aコース

毎週金曜日 13:30~16:30

人物・特に人体をじっくりと描く機会は、日常生活の中ではなかなか得られないものです。毎週金曜の午後に集まって同じモデルにむかい、 おたがいに影響しあい批評しあう。
その中からそれぞれの人生経験の上にたったその人らしい表現を自分でみつけだしていくこ と。そのための助言ができれば、と思います。
担任 : 山本良三・宮下泉
講師 : 佐藤勤・手島邦夫
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
人の形の違いは誰にでもわかるので、人を描くのは難 しいです。そこでモデルを見て描くことをもっと学びたいと思い、人体Aに入りました。質問すれば必ず答えてくれる講師の先生方や、絵について何でも話し合えるクラスの仲間の中で充実した時間を過ごしています。その経験は、家で自分の絵を描く時に生かされています。(C.S)

人体Bコース

毎週金曜日 17:00~20:00

人体そのものは表現の素材です。コステュームもまた表現の素材です。コステュームを着けて もその下にある人体を理解していることは大切なことです。日常生活を描く場合も、象徴的な世界を描く場合も、あるいは抽象化する場合も人体のデッサン力が基本です。
このクラスは画歴を問いません。各人にふさわしい課題で作画を進めてください。
担任 : 大野恵子・橋本和明
講師 : オザキ ユタカ・佐藤 勤
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
「人体デッサンをもっとやりたい。」と漠然と考えて入りま した。「こんな感じに描きたい。」という思いはあっても、 基本的な重心や構造を掴んでいないと表現にはつながらないことを痛感する日々です。お二人の先生の丁寧な御指導で、私はいま「生きている人間ほど面白いものはない。 修行してその姿が描きたい。」と考えています。(M.H)

人体基礎コース

毎週土曜日10:15~13:00

人体を描くことは、造形芸術の永遠の課題ですが、 それは、基礎の勉強から、作家晩年に至るまでの、絶えることのない追求の対象でしょう。 コース在籍者には、研修歴のちがいもあり、用材選択も異なりますが、対象把握と表現の高度化をめざす努力に応えるよう、適切な助言をおこない、ともに学んでいきたいと思います。
担任 : 窪田旦佳・大島美枝子
講師 : 村永泰・美濃部民子・佐藤勤
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
目の前にしたモデルさんに自分は何を感じ、どう捉えて表現 したいのかを思いつつ、モデルさんに向きながら内実は自分と向き合っているその時間。何ともいい緊張感と集中した時間です。先生や仲間に教えられ少しづつでも伸びていると感じた時の喜び。これは私にとって他では得ることのできない大きな喜びの時間です。(K.G)

基礎コース

毎週土曜日 13:30~16:30

基礎コースは今から始めようという人たちに、無理なく取り掛かれるようにカリキュラムを組んでいます。短時間で人の動きを捉えるクロッキー、描写力 をつけるデッサン、油絵の基礎、立体的に物を捉える彫塑などの多様な授業があります。対象を見る力、それを表現する力をつけながら、美術で表現することの奥深さを知ってもらいたいと考えています。
担任 : 森田隆一・小西勲夫
講師 : 西村幸生
ninbi03.jpg
 カリキュラム1.png
先生方のアドバイスを受け作品が形作られていく時(私でも 描けるのね?)と不思議な気持ちになります。とにかく、絵を描くのは楽しいです。笑いが弾けるアトリエの雰囲気も、開放的で心地よいです。民美に入り、絵に向かう時間を手に入れ良き先生方と仲間に出会えた事は、私の生活を豊かに彩ってくれる事間違いありません。(S.H)

日本画コース

毎週土曜日 3年制 17:00~20:00

和紙と墨、群青(ぐんじょう)・緑青(ろくしょう)・ 胡粉(ごふん)・朱(しゅ)や白緑(びゃくろく)など 私達の生活に根ざし、親しんできた色合いの平明で美しい岩絵具であなたの想いを日本画に表現してみませんか。
現在、「日本画」と「水墨画」は区分されていますが、当コースは、和紙と墨の魅力に目を配りながら日本画を修得してゆきます。
担任 : 布目 勳・宮本能成
講師 : 稲井田勇二
ninbi.jpg
 カリキュラム1.png
時に端正、 時に奔放、奥深い色彩。日本画表現の魅力をどう したら自分のものにできるだろうか。先生からのアドバイスに目を開かれ、仲間から刺激を受けつつ、楽しい模索を続ける日々です。手を動かすだけでなく、表現することの意味を広く語り感じる機会が豊かなことも日本画コースの特徴のように思います。(H.M)

水彩コース

月2回(第1・3月曜日) 10:15~12:45 年間20回程度

水彩画は幼児も描け、楽しく手軽です。しかし、 極めようとすれば奥深いものがあります。技法も多様で、繊細です。自然のもつ流動性を楽しみ、ときには苦闘しますが、色彩の新鮮さを実感しながらやりましょう。物の描写から構成までの水彩画の入り口です。将来はデッサンカの養成などもやり、創作絵画も出来るようにしたいものです。
担任 : 橋本和明・山本良三
講師 : 佐藤勤
ninbi.jpg
 カリキュラム1.png
水彩クラスでは、1枚1枚の課題を習作としてではなく、 「作品」として捉えたご指導をいただいています。どうしたら自分の殻を破れるか、悩みながらも楽しく描いています。 一回り年齢が違う先輩方の作品も、技術的な良し悪しでは なく、その人の人生がにじみ出て味わい深い魅了にあふれています。自分も年を重ねても絵を人生の友に歩んでいきたいと刺激を受けています。(I.H)

 実験工房

毎週土曜日 13:30~16:30 《分室》

石は音をたてて害」れ、和紙はからみ合いながら漉かれる。土や木、鉄や銅は風、火、水に触れると新たな生命を宿し、いきいきと蘇ってくる。 新設された工房での仕事は「曲げる、叩く、なめす、破る…等」身近な素材と道具との格闘の中で養われるユニークな造形感覚を大事にします。手塩に掛けた作品を、ときには屋外に持ち出 し、眺めて見ませんか、大気を吸いながら。
担任 : 冨田憲二・山本明良
講師 : 大島美枝子・金田勉・根木山和子
( 授業は民美の分室・アトリエかつびでおこないます。
  住所 : 葛飾区柴又5-31-18   Tel :03-5668-4516 )
ninbi.jpg
 カリキュラム1.png
針金や木、銅板などの素材を前にどうしたものかと立ち止まる。学ぶことは山ほどある。素材の性質、道具の種類や扱い、技法。限られた時間の中で、ああでもない、こうでも ないと皆と語り合う。講師陣は惜しみなく力を貸して下さ る。時間が足りない。その一方で、無限に広がる表現の可能性を感じ、胸が躍る。まずは格闘から。(S.T)

学んでいく過程が楽しいのです。

日本美術会附属研究所として発足した民美は後進の指 導を目的として多くの作家を育て、まもなく50周年を迎え ます。現在の民美では、美術愛好家の増加とともに年配 の方々も多く、美術の裾野を広げる役割を果たしておりま す。若いころからやりたかった方や苦手を克服したかった という方、様々な方が在籍しておられます。

民美では10のコースを設けてあります。それぞれの方の 目的に合わせて学んでいただくことができます。講師は日 本美術会会員であり、現役作家として創作に立ち向かっ ている人たちです。指導する立場でもあり、創作者として の先輩でもあり、個性豊かな面々です。その出会いも興味 深いものでしょう。

全コースの人たちが一緒になり実行委員会を作り主催 する作品展「民美祭」はかつての学校で経験した文化祭 のような楽しさです。学び始めるのに遅すぎるということ はありません。学んでゆく過程が楽しいのです。美術を通 した新しい仲間と出会い、充実した学びの時間は必ず新 しい世界を広げてくれることでしょう。

あなたも始めてみませんか?

2015年度民美所長 美濃部民子

‥‥▲‥‥