■ 民美講師によるコラム - 021
2009/05
「風の音」 星野 文和

 人体を組み合わせることが、テーマですが、コンポジションにとって何よりも人体の「かたち」は重要です。ですからしつこく描いたりつぶしたり、そうしているうちに「いいかたち」が見えてきて、自分なりの空間もできてきます。でも、そうなるのは数点のうちの一点位で、あらためて造形力を深める必要を感じます。

人体Aコース講師・星野 文和 
作品:「風の音」 S100(油彩)
090518_colum021.jpg