■ 民美講師によるコラム - 019
2008/10
「9条を世界に!(エテュード)」 橋本 和明

 このコンポジションはかの著名な作品に負っている。でもまるで違った印象になってきた。
 横方向に二つの黄金矩形を真中に正方形で重ね合わせてある。その外側にそれぞれ縦に黄金矩形がつながる形になる。3角形と逆3角形を上辺と下辺の中央から対する二つの角を結んで、安定感とエネルギーの解放を意図したのだが。それですんなりと絵にならないところがやってみる面白さだろう。
 2006年6月10日で70才になった時、大きい作品を作るのを控えると決めた。昨年(2007年)の夏頃、最後に1点だけ大作を描こうと思った。これはエテュードである。エテュードと本絵を平行して進めよう。構図と構想の基本は動かさないが、明暗も色も反転したりなどなど日々変り続ける。エテュードと本絵がそれぞれに変り続けてどこへ行くか?これを大きくする意味があるのか?まあ、思いついたのだからやってみよう。どっちにしたって大したことではない。平均寿命より少し欲張って80才までとして、あわてないで。
                 私の絵の倉庫のアドレス:http://www.ne.jp/asahi/gallery/ideal/

人体Bコース講師・橋本 和明 
作品:「9条を世界に!(エテュード)」80x180cm
article9a.jpg